通販型自動車保険の比較

 私たちが車に乗るとき、必要なもののひとつに保険がある。自動車保険には強制保険である自賠責保険と、任意で加入する任意保険がある。任意保険もほとんどの人がもしもの時に備えて入っており、今はCMでもよく耳にする通販型自動車保険への加入が勢いを増しているのが現状だ。私も通販型自動車保険のコストパフォーマンスの良さに魅力を感じている一人なので、数ある通販型自動車保険の特徴を比較してみようと思う。
 通販型自動車保険で10年連続売上ナンバーワンというCMでおなじみのソニー損保は、通販型自動車保険では今一番の人気だ。事故対応品質の良さや無料のロードサービス、保険料は走る分だけという保険料算出システムで、あまり距離を走らない人には大きなメリットがある。
 チューリッヒは、重大事故の場合土日祝日関係なく早急に直接会って話ができるというサービスが用意されている。またガス欠時のガソリン代10リットルまで無料、レッカー移動が100キロまで無料など、ロードサービスも業界トップクラスだ。
 アクサダイレクトはリスク細分型と通販型販売で実現した保険料や、全ての契約者が利用可能な無料ロードサービスがある。さらに1事故専任チーム制なので事故対応も安心だ。
 この先加入する時のためにも、これからもっと詳しく通販型自動車保険を比較検討していきたい。